脱毛前の日焼けは厳禁 その理由とは?

フラッシュ方式やレーザー方式での脱毛は全身どのような部位のムダ毛でも処理することが可能で、施術もスピーディーに終わるとあって昨今大変人気があります。ただ、これらの方法で施術を受ける場合には必ず知っておかなければならない注意事項があります。


それは施術前の日焼けについてです。

livedoorニュース情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

フラッシュ方式とレーザー方式は、そのメカニズム上日焼けした肌に対しては施術が不可能となりますので、脱毛を考えているのであれば施術前の日焼けを避ける必要があります。



フラッシュ方式とレーザー方式は、ムダ毛に光またはレーザーを照射するだけで脱毛効果が得られるという画期的な方法で、光とレーザーはムダ毛の持つメラニンという色素に対し反応することで効果を発揮します。

新宿のvio脱毛関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

光とレーザーをメラニンが多く存在する部分に照射すると熱が生み出されます。

この性質を利用し、ムダ毛に照射することで毛根の細胞を熱で破壊し、ムダ毛が再生しないように抑制する効果をもたらしています。
メラニンは体毛だけではなく皮膚にもある程度存在しているのですが、光やレーザーの反応が出るほどの量は存在していないため、照射してもムダ毛がある部分にのみピンポイントで熱が発生します。


しかし日焼けをして黒化した肌には大量のメラニンが存在しており、光とレーザーが反応するため、皮膚全体に熱のダメージが伝わる可能性があります。
すると確実な脱毛効果が得られにくくなる上に、痛みが出やすくなる危険性も高まります。


脱毛効果と安全性を高めるために、施術前の日焼けは厳禁となっているのです。